「買った溶接機の使い方を教えて下さい」 とお持ち込みで溶接体験をされました。

溶接機を買ってみたんですが 使い方がよくわからなくて・・・
という方より 溶接体験教室受講のお申し出がありました。

で、 当日 お持ちの溶接機を持ってこられたんですが、なんと私たちが皆さんに使って頂いているものと全く同型! [ SUZUKID LUNA Ⅱ ]
sL1012771
左が当教室使用のもの。 右がお持ち込みのもの。
( 多分・・ ちょっと自信がなくなりました (・.・;)笑 )

今回は 作品創りというより 使い方やコツを覚えて頂くことがメインですから シンプルな箱状の小物入れを作って頂くことにしました。
sL1012773
材料の鋼材はチャンネルとフラットバーです。

いつものようにテキストを使った溶接の講習を受けて頂き 上記のフラットバーをチャンネルの両端を塞ぐ長さで印をつけます。
sL1012774

バンドソーで印を付けた長さに 2枚切ってもらいます。
sL1012775

バリ(切断部分のギザギザに尖った部分)をグラインダーでなめらかにします。
sL1012779

材料が揃いました!
sL1012780

半自動溶接機 と呼ばれているこの機械は手元のスイッチを押しているあいだじゅう 細い鉄線のようなワイヤーがケーブルから押し出されますので どこをめがけてスイッチを押すか、溶接の具合に応じてどのくらい動かしてスイッチを切るかなどをまずは鉄板を使ってコツを覚えてもらいます。
sL1012784

ふむふむ こんな感じね。 と、おおよそ勘が掴めたところで先ほど切った材料を着けていきます。  えぇ・・難しいの? と思われるかもしれませんが スイッチを押した時の若干のタイムラグがあったり 着けたいものとの距離がありすぎるとしっかり溶接できないのでその辺りを注意して頂くわけですが 小学生高学年のお子様でも上手に出来たりしますのでそんなに難しくはないです^^
sL1012787

作業がしやすいように材料をしっかり ロッキングクランプ という工具で固定して 内側の四隅 4ケ所を鉄板が 外れないように 溶接します。
sL1012788

sL1012793

ご自分で グラインダーも持ってらっしゃるということでしたので 大まかにバリを取って・・・
sL1012797

完成です。 とってもシンプルな小物入れですが ここから MY溶接機で 後日ご自分の気の向くままに色々とアレンジして仕上げてみるとのことでした。
sL1012800

今回溶接機と一緒に この  溶接面 (センサー付きの自動遮光溶接面といいます)も買われたそうですよ ! とってもカッコいいですね〜♪ 私たちのところでもこんなイケてるグッズで揃えてみましょうか(笑)
sL1012799
このたびは 受講して頂きありがとうございました! どんな作品に仕上がったのかまた拝見させて下さいね(^^)

◉ Go to top page ⇒ http://st-art.me/
◉ サイトリニューアル前からの tumblr サテライトブログは こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です