アーク溶接機を買ってみたものの・・という方の溶接体験。コツを掴んでお役に立つことが出来ました!

今回 溶接を体験された方、溶接自体が初めて・・ではありません。 個人でされているお仕事の関係で作りたい金物があったので 「ちょっと溶接機を買って作ってみるか!」 と一念発起をされてコンパクトなアーク溶接機をホームセンターで購入されたそうです。  で、上記タイトルのように溶接機を買ってはみたものの なかなか思うようにいかず ちょっと基本を教えてほしいのですがというご依頼でした。

いつものようにテキストを使って溶接に関するお話をしたあと 早速お買いになった溶接機を工場に持ち込んで頂いて 試しにアーク(火花)を出してもらいます。
sL1012567
お手軽なポータブルの100V(一般家庭用電源)で使える溶接機の場合、コンパクトゆえに電圧・電流が低めなので意外と溶接するのは難しいんです。 例えて云えば懐中電灯のあかりだけで料理をするような感じです。(え〜・・ 例えがあっているかな ^_^; )出来ることは出来るが慣れていないと作りづらい、あまり凝ったことが出来ない。 そんな感じ。

で、そこを踏まえて今回の工作は シンプルにアングルを四角に組んで溶接してみるというご提案をしました。 もちろん工場のいろんな機械を実際に使ってもらっての作業です。
まずは 5×40のアングルを4本 バンドソーという機械を使って等分に切って頂きます。
sL1012570

そしてそのアングルの先端を大型カッターで4本とも四角に切り抜きます。
sL1012574

このように先が一部四角く欠けた状態です。
sL1012576

これを同じ向きで直角に並べると・・段差のないキレイな四角い枠になるわけです (^^)!
sL1012575
鉄工仕事をされている方は毎日のように これと同じようなものを作りますよね。

やはり基本は冶具でしっかり固定しながら仮付けを行っていきます。 もちろんこのように直角をみる定規(差し金)とハンマーも欠かせません。
sL1012582

溶接体験を受講されたこの方、木工もされるということで作業着から軍手まですべて自前です。もう本物の職人さんみたいに 作業されている姿が馴染んでいらしゃいます!
sL1012579

いよいよの溶接ですが、まずは外角の仮付けから行います。 と、ここでせっかくですので工場用で200Vの業務用アーク溶接機とどのくらい使い勝手が違うかちょっと試してもらいました。
sL1012585

やはり電流・電圧が大きく使える分 鉄を充分に溶かしながら溶接出来ますし、溶接棒もある程度太めですので初心者の方はポータブル機に比べれば使いやすいです。私が思うに 理想はやはり「ああ、なるほど アーク溶接ってこんな感じのコツが要るんだぁ!」と体験して頂いたうえで 用途に応じてコンパクト機を利用して頂く方が体感的な理解が深まり習得も早いのではと考えます。
sL1012599
ついでに 1枚目の写真では遮光面(手に持つ溶接用の光を遮るお面)を使われていますがこのように
かぶるタイプの自動遮光面(センサーで強い光に反応して一瞬に暗くなります)を使えば両手で作業出来ますので こちらも体験してもらいました。

最後にグラインダーで溶接箇所を削って大まかな仕上げをします。
sL1012602
いや〜ほんとに鉄工の職人さんみたいで、「安心して下さい!」って言われそうなくらいです(笑)

ということでほぼ仕上がった品がこちら。  これに上から鉄板を貼れば台になりますし 脚を着けて上に木板を固定させればスツールにもなります。同じものをもう1コ作って鉄板を貼れば道具箱にもなりますね〜 (^^)
sL1012611
ぜひ後日 何かに活かしてお使い下さいませ。

これが 当日お持ち込み頂いた溶接機なんですが  買ったばかりでまだピカピカですね! 今回は作品つくりというより実践的な使い方に焦点をあてた講習でしたが とても満足して頂きました。
sL1012564
これからは このマイ溶接機を使ってどんどんいろんなモノ作りをされて下さい。 ご体験まことにありがとうございました!

◉ Go to top page ⇒ http://st-art.me/
◉ サイトリニューアル前からの tumblr サテライトブログは こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です