女性お二人で溶接体験を楽しまれました!

現在 弊社別業務の こちら で有難いご注文が重なっており なかなかブログを更新出来ずにおりましたが 少し前に 女性の方お二人で 溶接体験を楽しまれましたので ご報告致しますね。

かなり前から私たちが行っていた溶接体験教室をNetでご覧になられていたようで 「ようやく都合がついたので申し込みをしてみました!」 ということで待ちに待った溶接体験スタートです。

まずはいつものようにリラックスしてお茶を飲んで頂きつつ 20分ほどかけて 事務所でテキストをご覧になりながら事前講習を行います。
そして、今回は半日コース (3時間程度の体験コースです)ですので ある程度リクエストに応じて柔軟に作ってみたいものをお伺いして工場内にたくさんある鋼材の中から時間内にお作りできそうなものを選んで挑戦して頂きます。

ということで、今回は・・・なにが出来るでしょうか? ^^
sL1039170

これは、 中に かぐや姫が入っていそうですが(笑) ミニキャンドルスタンドです。
予め ななめにカットした丸パイプを使って チョークで描いたベースの鉄板の部分をプラズマカッターで切ってみます。
sL1039172

こちらの方は・・・ 『 N 』 ですね。お名前の頭文字を切ることにしました。
sL1039171
ちなみに これから作ってみる小物に N を溶接したいということですので どんな完成品になるんでしょうか? 後半をお楽しみに!

ではまず キャンドルスタンドのベースプレートからプラズマカッターで切ってみましょう!

「あ、ちょっと待って下さい。。。」と、お申し出。
どうやら少しプレートのラインを変更したいということです。 どうぞどうぞ。
思いのまま自由に罫書いて(けがいて)下さいね。 

ということで 「これにします ^^」と決まったところでチャレンジして頂きました。
sL1039176
なかなかお上手です。

ちなみに 切り文字の「N」はちょっと難易度が高めなので私が手を添えてお手伝い致しました。
(ので、写真がありません m(__)m )

次にプラズマカッターで切っただけだと 線がでこぼこしたり ザラつきがあるのでグラインダーで削ってもらいます。
いや、ホントにお上手です。
sL1039177

お連れ様も思わず「スゴイ!」と見入ってらっしゃいます。
sL1039178

そして 順調におふたりとも「削り」が済んだところで いよいよ溶接をはじめてみます。
sL1039187

まずは 試しに鉄板に直線を描くように溶接を盛っていきます。 線状に盛り上がった部分をビードと呼びます。 まっすぐ同じ幅で きれいなビードを出すのはなかなか難しいのですが このくらい出来れば充分合格ですよ!
sL1039179

さて、溶接付けする前にキャンドルを入れる筒(パイプ)に 穴をあけてみましょうか ということで位置決め検討中の写真です。 なかなか真剣に悩まれてますね(笑)
sL1039180

無事 穴もあけたところで いよいよベースプレートとパイプを溶接します。
sL1039190
「もうちょっとここ、着けてもいいですか?」 と仰るくらい 思った以上に素晴らしい手際で溶接作業をこなされましたよ。

お連れ様も無事完成されました。
なかなかカッコいい『N』の頭文字を着けた小物、こちらの タオルハンガーでした!
とてもいいアクセントになって グッと雰囲気がよくなるものですね。
sL1039192

最後に透明の錆止め塗装をかけて 今回の溶接体験終了です。
キャンドルスタンドのベースプレート、最初は花びらの形でしたが ご覧のように ハクウンボクやシーグレープのような丸い葉っぱのようなかわいい形になりました。

その横にある小さいピースは 試し切りされた際の端材だったのですが こちらも「なんだか カワイイ形 ♬」ということで 一緒に錆止めをしてお持ち帰り頂きました。 

ご自分の手で生み出されたカタチですので そのようなセンス、とっても素晴らしいと思います!
sL1039194

お帰り前に どの作業が一番楽しかったですか? とお伺いしたら
「全部 楽しかったです!」
とおっしゃって頂きました。 買えば安くで見つかる小物でも 自分の手でつくり上げると それだけで愛おしく思える宝物になります。 ましてや楽しんで自由に作ることができるのですから是非皆さんも いろんなモノづくり 挑戦してみてくださいね。 

St-Artでは よろこんでみなさんの お手伝いを致しますよ。 
「次は何を作ろうかなぁ。。」 というお話をされておりました。 また是非いらして下さいね。 
ご体験、お疲れ様でした。
sL1039199

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です