セミプロ並みの木工 工作をされる方が満を持して溶接体験されました!

今回は珍しく、 完成した作品を ご自宅に飾られた様子を頂いた写真からご覧下さい。

凄いですよねぇ。 え? どこの部分をどういうふうに溶接して作ったの?  っていった感じですが このお部屋、すべてご自身で作られているんですよ。  制作品は順を追ってご紹介します。

まずはいつもどおり 事務所にて溶接に関するテキスト講習を行ってから実習スペースへ。
今回作品作りにお選び頂いた材料がこちら。(右の鉄板2枚は溶接お試し用ピースです)アングル材とφ8ミリの丸棒のみという 今まで以上にシンプルなチョイス。

はじめに そのお試しの鉄板2枚を使って溶接の感じを掴んでもらいます。

さすがお上手ですし なんといっても ご準備されたマイ作業着のCap、Gジャン、ジーンズが馴染んでいて かっこよく決まっていますね〜 👍

今まで いろんな方の溶接をされているときの写真を いっぱいお撮りするんですが その中でも こちら なかなかいい感じに撮れて気に入ってます(^^)

数回繰り返すだけでこのように安定した一直線のビードを描けるようになりました。

さて、これから制作開始です。
まずはアングル材を任意の長さにカットして、

穴をあける場所を決めます。

そして ボール盤で穴を開け

今度は丸棒をカット。

それをプレス機でコの字状に曲げます。

曲げた丸棒をアングルに付けるため位置決めをします。

そして外れないように しっかり溶接。

なかなかカッコいいですね(^^)⤴

出来ました! しっかり溶接されているようです。

裏側も念入りにチェック。

透明の錆止めを吹き付け、乾くまでに 今度はアーク溶接をお試し。

もう すぐにでも溶接を使った日曜大工に取り組めそうですね。

こちらが完成品!
見た目はシンプルですが・・・

杉板を当てる事によってとても雰囲気良く見えます! その周りの工作具合もなかなか凝っていますね。

溶接体験後、またぜひ挑戦します! 宜しくお願いします。とおっしゃって下さいました。
作りたいものが決まりましたらいつでもお待ちしていますよ。
講習、お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です